大上がJST AIP Network Co-Labに掲載されました

  JSTが運営するAIPネットワークラボの研究者を紹介する「AIP Network Co-Lab」に大上が紹介されました。 AIP Network Co-Labは、AIPネットワークラボを構成する研究領域やAIPネットワークラボで支援する研究課題236件の研究代表者、主たる共同研究者、個人研究者のべ373名分の研究者の情報を掲載しています。 AIP Network Co-Lab | J […]

05

大上研が東工大HLSリサーチマップに紹介されました

大上研究室が、東京工業大学 Holistic Life Science (HLS) のリサーチマップに紹介されました。 Tokyo Tech HLS Research Map https://www.ori.titech.ac.jp/hls/map/?research=17 東工大では、学術・産業のフロンティアの開拓を目標とする重点・戦略分野を定め「社会課題の解決・豊かな未来社会の実現」と「産業・ […]

新メンバーが加わりました(2022年4月)

大上研に 研究員 1名 修士課程学生 2名 学部学生 2名 が新たに加わりました。修士進学者と合わせて、学生10名、スタッフ3名の体制になります >メンバーリスト

23

大上が情報処理学会 2021年度(令和3年度)山下記念研究賞を受賞しました

大上が情報処理学会 2021年度(令和3年度)山下記念研究賞を受賞しました。 大上雅史:GBDTによる化合物の血液胎盤関門透過性予測 (2021-BIO-65)   情報処理学会 2021年度(令和3年度)山下記念研究賞 http://www.ipsj.or.jp/award/yamashita2021.html

22

大上研B4の古井海里さんが情報処理学会第84回全国大会 学生奨励賞を受賞しました

大上研B4の古井海里さんが、情報処理学会第84回全国大会 学生奨励賞を受賞しました。 演題:2ZM-02ランク学習を用いた化合物スクリーニングにおける多様なアッセイデータの統合戦略 2ZM(学生セッション:バイオ情報学(2))   情報処理学会第84回全国大会 https://www.ipsj.or.jp/event/taikai/84/ 大会学生奨励賞(大会ローカルアワード)-情報処理 […]

09

研究員&技術支援員を募集しています

東京工業大学 情報理工学院 情報工学系 大上研究室では、以下のとおり研究員および技術支援員を募集致します。 キーワード タンパク質構造、AI創薬、ケモインフォマティクス、QSAR、QSPR、バーチャルスクリーニング、ドッキングシミュレーション、核酸医薬、RNA標的型分子、マルチモダリティ創薬、人工知能、深層学習、機械学習、強化学習、数理最適化、グラフ理論、大規模並列計算、GPU計算、スーパーコンピ […]

26

大上の研究課題がJST創発的研究支援事業に採択されました

科学技術振興機構 (JST) が実施する創発的研究支援事業の2021年度研究提案募集に、大上が研究代表者として提案した研究課題が採択されました。 創発的研究支援事業は、特定の課題や短期目標を設定せず、多様性と融合によって破壊的イノベーションにつながるシーズの創出を目指す「創発的研究」を推進するため、既存の枠組みにとらわれない自由で挑戦的・融合的な多様な研究を、研究者が研究に専念できる環境を確保しつ […]

11

Acaric Journal vol.3に大上のインタビュー記事が掲載されました

株式会社アカリクが発行するAcaric Journal(アカリクジャーナル)に大上のインタビュー記事が掲載されました。 高専時代から続くバイオインフォマティクスの魅力|ACARIC Journal アカリクジャーナル vol.3, pp.33-36|[PDF]  * 株式会社アカリクより許可を得て掲載しています

IIBMP2021で発表を行いました

第10回生命医薬情報学連合大会(IIBMP2021)にて、大上研から3件のポスター発表と1件のセッション企画が行われました。 ポスター発表 Takatsugu Kosugi, Masahito Ohue. “Development of a Quantitative Estimate Index for Early-Stage Screening of Compounds Target […]